葬儀のマナー

身だしなみのマナー(葬儀・告別式)

お通夜の時は、黒かグレーのスーツやジャケットなど、平服を着用します。最初から喪服を着ていくと、不幸を予期していたかのようで、失礼にあたります。故人の家族は、通夜のときの喪服を着用して構いません。
また、葬儀・告別式の際は、喪主は正式喪服、会葬者は略式喪服を着用します。

略式喪服の男性と女性
略式喪服<男性の場合>
  • フォーマルスーツを着用するのが一般的です。シャツは白無地、ネクタイは黒無地を選びます。
  • ネクタイピン、時計、派手なアクセサリーは付けず、結婚指輪程度にします。
  • カフスボタンを付けるなら、黒石のものを使用します。
略式喪服<女性の場合>
  • 黒のワンピースかスーツを着用するのが一般的です。肌の露出は避け、夏場でも5分袖まであるものが望ましい。
  • 華美なお化粧は控え、清楚なナチュラルメイクにしましょう。
  • アクセサリーは結婚指輪程度にし、控えましょう。
  • ストッキング、靴は黒を使用し、目立つポイントや金具が付いたものは避けます。
  • 光沢のある黒は避けましょう。

持ち物

ふくさ
ふくさ
・不祝儀用の紫、緑、藍、グレーなどのふくさ、もしくは略式のポケットふくさを用意して下さい。
ハンカチ
ハンカチ
・白の無地か黒のフォーマル用を用意し、色物の使用は控えましょう。最近では同色で刺繍された花柄デザインなども一般的になってきています。
数珠
数珠
・無い場合は持参しなくても大丈夫です。また、自分の宗派の物を使用しても大丈夫です。大切に扱い、床の上に直接置かず、使用しない時はバッグの中にしまいましょう。
手袋
手袋
・着用する場合は、黒、紺、グレーなど、シックな色合いの物を身につけましょう。
ご焼香や食事の時ははずすのがマナーです。

作法のマナー

ご焼香の作法

①祭壇へ進み、ご遺族の方へ一礼、故人の遺影へ一礼を行います。

②親指と人差し指、中指で抹香をつまみ、額の高さで押しいただきます。
回数は、宗派によって異なります。(1回~3回)

③遺影に向かって合掌をします。このとき数珠は両手の親指と人差し指で挟み、房は手前手首の方へ下げます

④一歩下がり、遺影に向かって一礼します

TOPへ