ご葬儀の流れ

ご臨終

家族・親戚への死亡通知、葬儀社への連絡、ご遺体の安置をすみやかにおこないます。

湯灌・納棺

この世のけがれを落とし、一切を洗い清めて仏の道へと送り出す大切な儀式です。
故人の体をご家族の方共々清め、お化粧を施します。

お通夜

故人を葬る前に、そばで過ごすことで別れを惜しみ、供養する儀式です。

出棺・火葬

葬儀・告別式を終えたら、ご遺体を納めた棺を霊柩車(寝台車)に乗せ、遺族・近親者が附いて火葬場に向けて運びます。これを出棺(しゅっかん)と言います。

ご葬儀

仏になるため、修行に入る故人を送り出す儀式です。
故人または喪家の信仰する宗教・宗旨宗派・教団によって定まっている葬送儀礼に則って行われます。

告別式

葬儀式が宗教儀式であるのに対して、告別式は故人と最期のお別れをする社会的な儀礼です。
もともとは、葬儀に引き続いて会葬者全員が故人の旅立ちを見送るために墓地まで出向き、埋葬前に最期のお別れをする儀式でした。しかし、現在では遺族・親族と近親者以外の会葬者が火葬場まで同行することはありませんから、葬儀式に引き続いて、棺を閉じる「石打ち」前に故人に別れを伝え、遺体に「別れ花」を行うなどが告別式にあたると言えます。

精進上げ

精進上げはもともと四十九日の忌明けに精進料理から通常の料理に戻すことを指していましたが、現在では火葬場から戻った後の宴席を示す事が多いようです。

埋葬

TOPへ