よくある質問

事前相談とは何ですか?料金はかかりますか?
answer事前相談とは、もしもの時に慌てないために葬儀について様々な情報や会場はどこで行うのか、見込まれる会葬者、運営や段取り、費用はいくらぐらいかかるのか?など事前に相談し、葬儀に対する知識と心構えを準備いただくことです。葬儀に対する様々な疑問や不安を取り除くことで、余裕をもって故人様をお送りいただけます。
また、弊社ではご葬儀の事前相談やお見積りは無料ですので、お気軽に何度でもご相談ください。お電話やメールだけでもお気軽にご相談いただければと思います。
病院によって利用できる葬儀社が決まっているのですか?
answerどちらの病院でも原則どの葬儀社を呼んでいただいても大丈夫です。病院と提携されている葬儀社もあるようですが、入札や契約金など多額の費用を使っているので、利用者の費用が高くなったりすることがあるようです。
遺影写真はどのようなものを用意すればいいのでしょうか?
answerお顔が大きく写っていて、ピントが合っている写真をご用意いただければと思います。できれば何枚かご用意頂けると安心です。弊社では、御遺影に使われなかった写真も、ロビーのサイネージにて会葬者に偲んで頂けるよう掲示させていただいております。写真は現像したもののほか、デジカメや携帯などのデータでも大丈夫です。
お葬式の準備はどのようにすればよいでしょうか
answerまずは事前相談などで、葬儀に対する知識を深めていくことから始めることをお勧めいたします。お葬式の準備をされていない方は、お亡くなりになった時点から、短期間に多くのことを決めていかなければなりません。お葬式において準備しなければならないことは多岐にわたりますし、選択肢も様々です。いざというときに慌てないためにも、エンディングノートなどでどのようなお葬式にしたいのかイメージを少しづつ固めていかれると良いかと思います。弊社にて事前相談に来館されたお客様に、エンディングノートをプレゼントしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
深夜でも対応してくれますか?
answer24時間365日対応しておりますのでご安心ください。まずは、フリーダイヤル0120−22−9970までご連絡ください。ご指定の場所までお迎えに伺います。
会葬者の人数が分からないのですが、見積りをお願いできますか?
answer一般の多くの方は、会葬者の人数を正確に把握できませんのでご安心ください。一般的な会葬者数での概算見積りでよろしければ、作成させていただきたいと思います。より詳しいお見積りがご希望であれば、事前相談にて詳しくお伺いし、経験豊富なスタッフがアドバイスを含めより正確なお見積りをお作成させていただきます。
身寄りがないのですが、喪主がいなくても自分のお葬式をお願いできますか?
answerまったく身寄りのない方が亡くなった場合、法律に基づいて多くは自治体により火葬の手続きが行われます。生前にお葬式の予約や菩提寺との打ち合わせ、後見人等の一定の条件が整えば、全く身寄りがない方でもお葬式を行うことはできます。
お葬式に予約は必要ですか?
answer一般的に故人様ご家族の都合と菩提寺様の都合、葬儀会場の空き状況により日程が組まれますので、特に必要はございません。弊社では「ひまわりクラブ」といった会員制で会館使用の割引などございますので、あらかじめご入会いただければと思います。
資料やお見積りだけをお願いすることはできますか?
answer大丈夫です。
自宅でお葬式を行う事はできますか?
answerもちろんご自宅でのお葬式にも対応しておりますので、ご心配いりません。会館でのお葬式が流行る以前は、ご自宅でのお葬式が一般的でした。会葬者の多くの方がご高齢になって正座ができなくなってきたり、ご近所のお手伝いの手配や心づけなどの煩わしさや、設備が充実している会館葬の快適さに押され、自宅でのお葬式は年々少なくなってきております。
葬儀を依頼した後の流れはどのようになりますか?
answerおおまかですが、病院でお亡くなりになった場合ですと、「病院へのお迎え」~「ご遺体の安置」~「枕経」~「日程の打合せ」~「ご葬式の打合せ」~「納棺・お通夜・お葬式」~「納骨」となります。諸事情により前後する事もございますが、細かい流れなどは、葬儀担当者が都度お側に寄り添いしっかりとサポートさせていただきますので、ご安心ください。
費用はいつお支払いを行うのですか?
answerご葬儀後翌々日には請求書をお届けいたしますので、一週間程度で銀行へのお振込をお願いしております。もしくは現金のご持参でのお支払いをお願いしております。クレジットカードでのお支払いにも対応しておりますので、お問い合わせください。
ひまわりクラブに有効期限はありますか?
answerひまわりクラブにご入会いただくと永年会員となりますので、有効期限はございません。また、同居のご家族全員が会員となりますので、ご安心ください。
ひまわりクラブの割引はどのタイミングから適応されますか?
answer入会されたその時点から割引の適応対象になりますので、よろしくおねがいいたします。
お葬式ができない日はありますか?
answer六曜での友引の日は、弊社近隣ですと桑折町火葬場などはお休みですので、葬儀・告別式を執り行わないのが一般的です。しかし、お通夜の式を行うことはございますので、まずはご相談いただければと思います。
喪主は一般的に誰が務めますか?
answer一般的に、お亡くなりになった方の配偶者やそのご子息が務められる事が多いのですが、居ない場合や務めるのが困難な場合には、主に後継者や血縁で近い方が務められます。
喪主の主な役割はなんですか?
answerお葬式全般におけるご遺族様の意見をまとめる中心的な役割のほか、菩提寺との打合せ、会葬者へのご挨拶などが主な役割となります。お葬式全体の取りまとめに不安がある場合には、葬儀委員長をご近所の方で葬儀の事情に詳しい方へ願いされると、各役割の手配や連絡など事が進みやすくなります。
身内でも生花を供えるべきですか?
answer生花を含め供物は、故人様の霊を弔うためにお供えするものです。首都圏にあるような施主花をお供えいただく風習は、この地区にはございませんが、特に決まりなどはございませんので、故人様へのお気持ちとご予算に合わせてお供え頂ければと思います。
式場での席順に決まりはありますか?
answer喪主と葬儀委員長が、中央の最も上位にお座りいただきます。喪主側は家族親族で近しい方から順にお座りいただくようになります。葬儀委員長側は、会社関係や一般の方々で、近しい方から順にお座りいただくようになります。
葬儀後の四十九日の法要はどんな準備を行えば良いですか?
answer初めに菩提寺と会場の日程を決め、法要にお招きするの方々の名簿を作成いただきます。名簿ができましたら案内状を作成し、ご招待いたします。その他に、墓誌彫りや本位牌の手配、法要の料理や引き出物、引菓子を準備いたします。法要の前には、生花や供物などの手配や設営などを行います。各種手配や設営など弊社にてお受けいたしますので、ご安心してご相談ください。

TOPへ